スイカ太郎 投資への挑戦

財務分析超入門
会社の財務分析超入門

株をやるやらないにかかわらず、財務分析は
役に立つことがあるかもしれません。
知っておいても損はないでしょう。

自分の会社は大丈夫なのか?
取引先の会社はどうなのか?
などの疑問を解く役に立ってくれるでしょう。

会社の財務は次の2つに分かれます。

1.損益計算書(そんえきけいさんしょ)
2.貸借対照表(たいしゃくたいしょうひょう)

1の損益計算書は1年間のお金の動きを表します。
家庭の家計簿と一緒です。いくら入ってきて、いくら出ていったかが
わかるようになっています。
2の貸借対照表は会社ができてから現在までの
お金の使い方がわかります。
資産の欄と負債の欄からなり、例えば企業が工場を建てたら
その工場の価値が資産に、工場を建てるために借りたお金が
負債になります。
この超入門ではこの貸借対照表の簡単な見方を示します。

1.貸してるお金と借りてるお金を比較する。
会社はたいがい借金をして、そのお金で
ものを作りそれを売って利益を出します。
だから借金はあるものなのです。
問題は貸してる金より借りてる金が多い場合。
しかも返す期限が短い場合、利益が芳しくなかったら
借金が返済できず倒産の憂き目にあうやも知れません。
そこで短期の借りと短期の貸しを比べてみるのです。
貸借対照表では流動資産・流動負債といいます。
資産は貸してる方。預金,有価証券,これから売る在庫などをいいます。
負債は借りてる方。支払い手形,短期借入金,などをいいます。
この流動資産と流動負債を比べて流動資産が多いほうが健全といえます。

2.連結剰余金
これは会社が代々築いてきた利益が蓄積されたものです。
多ければ多いほど自由に使えるお金があるということで
健全といえます。
しかし本来、株主に配当金として還元できるものを
会社が貯め込んでいるとも解釈できますので、
株を買うときは手放しで喜べないでしょう。

3.欠損金
これは問題です。連結剰余金がマイナスの状態で
会社の損がドンドン累積している状態です。
貸借対照表とは英語でバランスシートと呼ばれ
資産と負債が釣り合うように作成されるものですが
これは負債の欄から借金がはみ出している状態にあります。
債務超過という奴ですね。要注意です。

4.自己資本比率
これは負債全体に対して自己資本(発行株式)が
どれくらいであるかを示すものです。
自己資本は返す必要の無い借金ですので
これが大きいほど健全といえます。

以上超入門でした。
わかりづらい点、間違っている点が
あるやも知れませんので自分で調べたい方は以下の
本がとてもわかりやすかったのでぜひ読んでみて下さい。

「ウルトラ入門 決算書がたのしくわかる!」
石井清隆著 かんき出版

suika.biz