スイカ太郎 投資への挑戦

ベアベア倶楽部


ベアベア倶楽部へようこそベア

株は普通値上がりや配当を狙って買いから入る人が多いベア。
でも相場には大きなトレンドがあるベア。上昇トレンドの時はいつまでも上げるベアが、下降トレンドの時はこれまたいつまでも下げるベア。
そこで下降トレンドの時も利益を出す方法はいかなるものがあるのか、調べてみたいと思うベア。
【相場では買い方をブル(雄牛:強気の象徴)、売り方をベア(熊:弱気の象徴)と呼んでいるベア】

空(カラ)売り

株の売りでは最もポピュラーで「これしかない」ような気もするベア。
でも持っていないものをどうやって売るベアか?

しくみ

証券会社から株を借りて、それを売るベア。
その後、買い戻してその時の株の単価差が損益となるベア。
例えば、株価1万円の株を1株カラ売ったとするベア。
そして運良くその株が値を下げ、9千円になったところで買い戻せたとするベア。
買い戻した株は当然証券会社に返却するベアが、1万円借りて9千円返すだけでいいという事になるので、差額の千円が利益になるベア。

どうすればできるの?

証券会社で信用取引口座を開くベア。
この際、担保として30万円から100万円位のお金や有価証券を口座に入れておかなければならないベア。
そうすれば信用取引が出来るようになり、カラ売りやカラ買い(自分の資金以上の買い)が出来るようになるベア。

注意点

信用取引は、担保金の数倍の額の取引が出来るようになるベア。
これは証券会社に借金をしていることになるベアから、その利息がかかるベア。
また、意に反して損を出してしまった場合、担保金が足りなくなることもあるベア。 そうなったら強制手仕舞いか、追加証拠金(追証)を新たに口座に振り込む事になるベア。(地獄の始まり?)
また、買い戻すまでの期日があるので、塩漬けもそうそう出来ないベア。
そして小額投資家としては単元株からしか出来ないということがちょっとネックになるベア。


次のページベア≫

suika.bizベア